スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県・宮城県沿岸市町村の農地転用数が前年同月の2.5倍

農地の所有者が、農地をつぶして住宅を建てる場合には、農地法上の許可を受けなければなりません。これを農地転用の許可といいます。

読売新聞の記事によれば、岩手県・宮城県の東日本大震災で甚大な被害を受けた沿岸市町村の農地転用の許可件数が、4月~10月で876件でした。昨年4月~10月の許可件数352件ですから、昨年の約2.5倍です。

岩手県沿岸12市町村では、許可件数358件(昨年158件)でした。宮古市では許可件数31件(昨年19件)、大船渡市では130件(昨年37件)、陸前高田市では99件(昨年24件)でした。

宮城県沿岸15市町村では、許可件数518件(昨年194件)でした。気仙沼市では許可件数257件(昨年40件)、南三陸町では70件(昨年14件)、石巻市では51件(昨年33件)でした。気仙沼市は、昨年度比6.4倍です。

農地転用の許可には、通常3カ月程度かかり、生産性の高い農地では半年程度かかるそうですが、農林水産省は、震災1週間後に、復興目的で手続の迅速化を通達したことが、許可件数の増加をもたらしたようです。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

東日本大震災 宮城県南三陸町

 宮城県南三陸町に元記者の方といっしょに行ってきました(7月17日)。
 青い空、深緑の波一つない海、ぽっかり浮かんだ小島など、穏やか過ぎるほどの景勝地。
 海とは反対側の南三陸町を見ると、一面爆撃を受けたかのように何もありません。500×375全体

瓦礫、鉄骨だけになった骨組だけの建物、テレビでも放映されていた屋上から助けを求めておられた志津川病院(4階まで津波が襲っているようです)など少数の鉄筋コンクリートの建物が少し残っているだけでした。コンクリートの分厚い堤防は決壊しており、電信柱はなぎ倒されていました。500×375総合病院

500×375病院と船

この建物も4階部分まで津波が押し寄せています。鉄骨造の建物は、津波の場合、パネルははがれてしまうケース目立ちます。
400×600建物崩壊

 三階建ての建物の上に自動車が乗っかっています。信じられないくらいの高さまで津波が達していました。600×450屋上自動車
ちなみに、神社のある場所に注目すると、海の近くまでせりだしている高台の方にいくつかあり、あたかも、この位置の下まで津波がくる可能性があるから危ないよと教えているかのようです。

 高台にある志津川中学校は、頑張ろうイベントをやっており、流しそうめんを頂きました。どんな場所でも、子供たちは明るく騒ぎ、頼もしい限りです。
 34℃の気温でしたが、消毒が行き届いており、悪臭はなく、ハエや蚊等の衛生害虫はいませんでした。台地の斜面で津波が襲った部分の杉は塩害により葉が茶色になっているので、どの位置まで津波が来たかよく分かります。
 ざっと見ても海から1000m以上離れた場所にまで津波が襲っています。地形は鎌倉に似ていますので、余談ですが、何時代であったか忘れましたが、昔、鎌倉の大仏に海から津波が押し寄せ、大仏が入っていた建物が壊され、それ以来露座となったままです。このくらいの距離まで南三陸町も津波が到達していました。
 鎌倉も南三陸町も、両側が山に囲まれ海抜がひくく、なだらかな斜面が奥深くまで続くので地形はよく似ています。ですから、鎌倉で同じような津波がくれば、小町通りの2階建の木造建物や、若宮大路の両側の木造建物(鉄筋コンクリート造は残ると思いますが、4階までは水没する可能性があります。)はすべて流され、上の方にある鶴岡八幡宮に上る階段の上の方まで達し、かろうじて鶴岡八幡宮の社殿の下でストップするくらいの状況になると思われます。鎌倉に行ったことのある方であれば、鎌倉に置き換えてイメージすると、三陸町の津波の規模が想像できるかと思います。

 気仙沼線は壊滅状態で、線路がなくなっていたり、高架線の橋梁が破壊されている部分もあり、高架線路の上に建物が残っている場所もありました。地元の方々の足である気仙沼線が利用できない状態なので、交通費がかさみ、他の町へ通学する高校生は月3万円位になり大変な思いをしています。早く、線路を改修するのであれば、元の場所に造ればいいのですが、それがよいのかどうか。もし、津波の被害にあわない場所を見つけて新設するとなると莫大な費用(土地買収や権利の設定料等)がかかり、はたして実現可能なのかどうか?これを決めない限りは、改修工事も新設工事もできず、不便な状態が何年も続くことになりそうです。
 また、堤防の一部の破壊をどのように直すのかを決定しなければなりませんが、その辺は先の話のようです。
 地元にお金を落とすべきだと思い、1日中タクシーを使わせてもらいましたが、運転手さんに、景気はどうですかと聞くと、交通手段がなくなった分、タクシーの需要が増えており、悪くはないとおっしゃっておられました。

 ライトのついていない信号を進みながら、気仙沼港にも寄ってもらいましたが、実は、こちらの方が瓦礫の整頓が遅れておりました。火災を起こした船が岸壁に係留されていました。
500×375火災船

気仙沼港は火災を起こしており、水産加工場がまったく機能していませんでした。気仙沼港水産加工

写真は、南三陸町の遠藤未希さんが、この建物内で、命の尽きるまで高台に避難してくださいと叫び続けながら殉職された、その鉄骨だけとなった建物です。地元の人の話では、この建物は、このまま残す方針が決まったようです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。500×375防災庁舎



 

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

プロフィール

氷見敏明

Author:氷見敏明
FC2ブログへようこそ! こんにちは、氷見(ひみ)です。私は、宅建指導歴20年、不動産会社、金融機関、専門学校、大学、財団法人、社団法人、クレアールアカデミー、住宅新報社等で老若男女を問わず、延べ1万人以上指導してまいりました。また、他の国家試験の民法の論文指導・解説等をおこない、その過程で多くの方々から質問を受け、受験生の疑問はどこかを熟知し、分かりやすい解説とは何かを追及しております。

主な著作物・『楽学宅建 基本書 』『楽学宅建 一問一答 ○×問題』『楽学マンション管理士(共著)』『マンガはじめてマンション管理士・管理業務主任者(共著)』『まんが はじめて行政書士会社法』『まんが はじめて行政書士記述対策(共著)』『ユーキャンのマンション管理士これだけ一問一答集(共著)』『ユーキャンの管理業務主任者これだけ一問一答集(共著)』『マンション管理士再現問題集(共著)』『管理業務主任者再現問題集(共著)』その他雑誌等に記載多数。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
今日の運勢はどんなんかな?おっ!
今日の天気はどうかな?宅建試験日(10月第3日曜日)のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。